街中に現れる危険なハチ!蜂の巣を見つけたらハチ駆除業者へ連絡しよう

スズメバチの基本情報

スズメバチはとても獰猛なので、自分で退治をするのはなるべく避けましょう。駆除業者に依頼すれば安全な方法で退治してくれるため、相談をしてみてください。 スズメバチの生態やアレルギーの危険性、駆除業者などの情報を伝えていきます。

注意するべきスズメバチ

オオスズメバチ
オオスズメバチは、国内にいるスズメバチの中でも最大級のハチです。およそ30ミリから40ミリの大きさであり、獰猛で強い毒を持つため、非常に危険です。蜂の巣がある場所は地面の中や、枯れて倒れた木の内部にある場合があります。知らずに蜂の巣に近づいてしまい、たくさんのハチに襲われることもあるので注意が必要です。また、樹液がよく出るエサ場を縄張りにしていることもあります。蜂の巣が近くにない場合も、オオスズメバチから威嚇をされた時は、刺激しないようにそっとその場を離れましょう。
キイロスズメバチ
キイロスズメバチは、オオスズメバチよりも一回り小さいハチです。大きさはおよそ20ミリから25ミリ。体色は黄色の割合が大きく、また黄褐色の体毛が生えているため、他のスズメバチとの区別をつけることができます。オオスズメバチ同様に攻撃性が高く、スズメバチ被害の多くはこのハチが起こすものです。最近では都会に順応し、民家の軒下や天井裏などに巣を作ることも増えています。家の近くにこの蜂の巣を作られた場合は注意が必要です。

8月~9月が最も活発になる

スズメバチは、4月から5月ごろに冬眠から目覚め、女王バチ一匹で蜂の巣作りを始めます。巣の中で産卵し、働きバチの数を増やしながら巣を大きくしていくのです。 スズメバチの活動がピークに達するのは、およそ8月から9月。特に繁殖期に入る9月から10月は非常に凶暴になるため、被害を受ける人も増えてきます。秋にスズメバチを見かけたとしても、手で払ったり殺虫剤を撒いたりなどの刺激を与えないようにしましょう。

刺されると猛烈に痛い

ハチが体内で作り出す毒には、人の体でアレルギー反応を起こすアレルゲンやヒスタミンがたくさん含まれています。このアレルギー物質が体内に作用することで、刺されることで強い痛みや腫れが現れるのです。特に毒性の強いスズメバチは、刺されると猛烈な激痛とひどい腫れが長時間続くため迅速な応急処置が必要です。このようなハチに刺されないようにするためにも、ハチの駆除は専門の業者に依頼しましょう。

ハチ駆除業者のサービス内容を知ろう

ハチ退治は業者が行なってくれる

危険なハチや蜂の巣駆除を行なう業者へ依頼すると、以下のようなサービスを受けることができます。

  • ①危険性の高いスズメバチを始め、自宅近くのハチの駆除および蜂の巣の撤去。
  • ②軒下や天井裏、床下など、駆除が困難な場所への駆除。
  • ③基本的にいつでもハチ駆除の依頼が可能。営業時間外でもメールで依頼ができる。

このほか、地方の市役所でもハチの駆除を依頼することができます。 しかし、市役所での駆除は基本的にスズメバチの駆除しか行なえない場合が多く、また駆除の依頼も平日の17時までしか受け付けていないため、状況によっては頼れないこともあります。 厄介なハチをすぐにでも退治したいなら、駆除業者へ依頼するのが最適といえるでしょう。

業者にハチ駆除を依頼するメリット

あっという間に作業が終わって安心した(30代前半/男性)

最近やたらハチを見かけると思ったら、我が家の屋根の排気口からからたくさんのハチが出入りしててビックリ!絶対蜂の巣がある!と思って急いでスマホで駆除業者に連絡しました。屋根裏に蜂の巣があったので、長くかかるだろうな~と思ってたんですけど、たったの2時間で蜂の巣を取り出してくれました!さすがはプロ!って感じでした。

対応が迅速で素晴らしかった!(30代後半/男性)

あれは日曜日の10時ごろ。休日の楽しみであるツーリングのため、私がいつも通りガレージに入ったところ、頭上でブンブンと唸る羽音が…見ると恐ろしいことに、私の周りをたくさんのスズメバチが飛び交っていたのです!普段はコワモテで通っている私ですが、虫だけはどうしても無理。すぐに地元のハチ駆除業者を調べて、駆除をしてもらいました。日曜の朝ということで、すぐに対応してくれるか不安だったのですが、昼すぎには来てくれました。迅速な対応に感謝感激です!

back to top