危険なアレルギーへの対処法!ハチ駆除は無理せず優良業者に任せよう

ハチアレルギー対策としてエピペンを持っておきましょう

症状を抑えるための治療薬

スズメバチなどの毒性の強いハチに刺されてしまった場合に備えて、あらかじめエピペンと呼ばれる薬を用意しておきましょう。エピペンとは、ハチの毒などによるアナフィラキシーショックの症状を緩和するためのアドレナリン自己注射薬です。
アナフィラキシーショックの症状である嘔吐や呼吸困難、顔面蒼白や冷や汗が見られた場合に注射をすることで、ショック症状を緩和することができます。
ハチに刺されたからといってすぐに使用する人もいますが、この注射薬はあくまでアレルギー症状が出た場合に使うものなので、該当する症状が見られない場合の使用は控えましょう。

駆除業者のレベルはどこも同じじゃない!

冷静な判断をして業者に依頼しましょう

危険なスズメバチが現れた場合、自分で対処をせずに、安全確実にハチと蜂の巣を駆除してくれる業者に一任した方がよいでしょう。しかし、ハチ駆除業者といってもその実力はピンきりです。経験豊富な業者もいれば、実績もないのに不当な費用を請求する業者もいるのです。
スズメバチが現れた場合、多くの人は冷静な判断ができず、業者のいうことを全て鵜呑みにしてしまうものです。業者へ連絡する場合は、まずは一呼吸おいて心を落ち着かせ、冷静に対応してくれる業者かどうかを判断する必要があります。

優良業者を見極める力をつけよう

実績数が多い
実績数の多さは、業者が良質なサービスを提供しているかどうかの基準となります。多くの場所で駆除を行なってきた業者となれば、駆除業務に関するノウハウが身につくため、どんな場所にできた蜂の巣でも問題なく撤去してくれます。
また、実績数が多いということはリピーターが多いということも考えられます。サービスが徹底した業者でなければリピーターは現れないため、実績数の多さが優良な業者であることを示す基準となるのです。
駆除費用が安い
優良な業者は駆除費用を安く設定し、依頼をした人の金銭的な負担に関しても配慮してくれます。また、よい業者は技術や経験も豊富であり、手間を掛けずに駆除ができるため安い値段でも成立するのです。しかしながら、相場に比べて安すぎる業者となると逆に悪徳業者を疑う必要があります。初めに安い値段を提示し、駆除をした後に高い費用を請求してくる場合もあるため注意しましょう。
相談に乗ってくれる
危険なスズメバチが家の周囲に蜂の巣を作っていた場合、誰しも駆除に関してさまざまな不安を覚えるものです。駆除の方法や駆除後のスズメバチへの対応など、相談することできちんと対応してくれる業者ならば信頼することができます。悪徳業者は、駆除の方法など詳しく聞かれることを避けるため、相談しようとしても一方的に断られてしまいます。優良な業者であれば、依頼者からの質問にいつでもしっかりと答えてくれます。
back to top