危険なアレルギーへの対処法!ハチ駆除は無理せず優良業者に任せよう

症状を抑えるための治療薬

スズメバチなどの毒性の強いハチに刺されてしまった場合に備えて、あらかじめエピペンと呼ばれる薬を用意しておきましょう。エピペンとは、ハチの毒などによるアナフィラキシーショックの症状を緩和するためのアドレナリン自己注射薬です。アナフィラキシーショックの症状である嘔吐や呼吸困難、顔面蒼白や冷や汗が見られた場合に注射をすることで、ショック症状を緩和することができます。 ハチに刺されたからといってすぐに使用する人もいますが、この注射薬はあくまでアレルギー症状が出た場合に使うものなので、該当する症状が見られない場合の使用は控えましょう。

冷静な判断をして業者に依頼しましょう

危険なスズメバチが現れた場合、自分で対処をせずに、安全確実にハチと蜂の巣を駆除してくれる業者に一任した方がよいでしょう。しかし、ハチ駆除業者といってもその実力はピンきりです。経験豊富な業者もいれば、実績もないのに不当な費用を請求する業者もいるのです。 スズメバチが現れた場合、多くの人は冷静な判断ができず、業者のいうことを全て鵜呑みにしてしまうものです。業者へ連絡する場合は、まずは一呼吸おいて心を落ち着かせ、冷静に対応してくれる業者かどうかを判断する必要があります。

back to top