ハチに刺された場合はどうするの?ハチ駆除マイスターの対処法

ハチに刺されたときの対処方法

スズメバチの毒について

多くの人が勘違いしがちなのが、スズメバチによる死亡事故はハチの毒による中毒症状によるものだということです。
ハチに含まれる毒は、主に患部に腫れを起こすヒスタミンやアナフィラキシーショックを誘発するペプチドなどであり、人の命を奪うほどの強い毒素とはなりません。命を落とす多くの人は、アナフィラキシーショックによる急性の免疫疾患が原因で亡くなっています。

腫れた時どうすれば良いの?

応急処置として患部を冷やす
ハチに刺されたことで患部が腫れた場合、腫れを抑えるために患部を冷やすことが需要です。ハチの毒はムカデの毒のようにタンパク質でできているので、刺された患部を温めた方がよいと考える人もいますが、ハチの毒の場合は温めると細菌感染や炎症の悪化を招くので注意が必要です。氷や冷やした保冷剤を患部に当てることで毒の吸収を遅らせ、腫れや痛みなどを抑制することができるでしょう。
アレルギー検査を受ける
ハチの毒が起こす作用で最も懸念するべきなのはアナフィラキシーショックです。この症状は体内にハチの毒に対しての抗体ができていることで現れるため、刺された経験があるならば一度病院でアレルギー検査を受けるとよいでしょう。検査方法はスクラッチテストや皮内テストなどの皮膚検査のほか、RAST法と呼ばれる血液検査が受けられます。
血液検査や皮膚検査は現在でも診断漏れが出る場合があります。そのため、両方の検査を行なうことで、より正確な診断結果を得ることができます。

家を傷つけないための駆除法をマスターしよう

ハチ駆除の場合、家の一部を取り壊して作業を行なうこともあります。この場合、駆除費用に合わせて家の補修費用がかかりますし第一家が傷つきます。ここで、家を傷つけずハチ駆除を行なう方法を見てみましょう。

プロは家を傷つけない方法を選択する!

蜂の巣を駆除する時って、家の一部分を切り取ったりするんですか?
やむを得ず一部切ることはありますが、その方法はあくまで最終手段です。家の一部を取り壊すとなると、その分手間と費用が掛かる上、依頼された方の大切なお家まで傷つけてしまいますから。狭い屋根裏や床下に作られた場合は、なるべく殺虫剤でハチを駆除してから、蜂の巣を少しずつ取り除きます。
back to top