命に関わる危険なアレルギー症状!回避するためのハチ退治トラップとは

ハチによる被害者数は男性が多い

ハチによる被害は毎年発生し、中には刺されたことで命を落としてしまうケースもあります。 毎年の死亡者数は平均して20人前後。亡くなる人の年齢は、70代や80代の高齢の人が過半数を占めています。被害に遭う性別は男性が多く、農作業中に付近の蜂の巣に近づいてしまい刺されてしまうことが多いのです。

アレルギーが悪化するとアナフィラキシーショックが起こる!

ハチに刺された場合、強い痛みや腫れに苦しめられることになります。しかし、最も注意するべきなのは、ハチの毒が体内に入ることでの免疫疾患です。強いアレルギー反応を起こすハチの毒は、アナフィラキシーショックと呼ばれる重大な症状を引き起こす可能性があるのです。

インドネシアで新種発見!

日本で最大級のハチといえばオオスズメバチが挙げられますが、インドネシアではさらに大型のハチが見つかったとして一時期話題となりました。 注目が集まったハチは、メガララ・ガルーダと呼ばれる新種の黒いハチです。その体長はなんと60ミリ近い大きさがあるとされています。オオスズメバチの大きさが30〜40ミリに対し、20ミリも体長が大きいため、ハチ嫌いの人にとってはゾッとするニュースでしょう。 しかし、最近になり、このガルーダは25ミリから40ミリ程度の大きさしかないことがわかりました。実際には日本のスズメバチと同程度の大きさだったようです。

ペットボトルでトラップを仕掛けてみよう

ハチは自分で作ったトラップをしかけて駆除することもできます。簡単な方法なので実践してみましょう。

ボトルに穴を空ける

1.5リットルから2リットルのペットボトルに、カッターなどで1.5センチから2センチの穴を開ける。穴は完全に切り取らず、コの字型になるように四角く切り込みを入れるのがポイント。

back to top